INTERVIEW

薬剤師インタビュー

豊富な知識と経験を患者さんのために

02.

加藤 茉梨恵Marie Kato

加藤 茉梨恵

薬剤師になろうと思った動機は?

家族に医療従事者がいますので、自然に理系を選択しました。就職難の時代だったので、手に職を持ちたいという理由から薬剤師になりました。

ハロー薬局に入社するまでの経歴について教えて下さい

大学卒業後、2年間大手ドラッグストアに勤務しました。配属先の店舗は調剤と接客が半々の店で、調剤業務だけではなくOTCの知識や接客方法も学ぶ事ができました。ドラッグストアは就業終業時間が遅く休みが不定休なのでなかなか自分の時間を作れませんでしたが、自分で薬を選択し患者さんに提供できるという良さがありました。しかしそれだけに責任が伴い統合的な知識が必要になります。そこで改めて調剤薬局で薬と投薬の勉強をしたいと考えるようになりました。
また、いずれは地元に帰ってきたいと思っていましたので、浜松で転職先を探しました。
その時の条件が、個人経営でなく県内だけに複数店舗を持つ薬局でした。全国展開の大型チェーンですと転居を伴う異動もあるからです。
そして複数科の処方箋を取り扱い、薬剤師人数も多い店舗を希望しました。
これらの条件と会社、店舗の雰囲気で希望にかなっていたのがハロー薬局です。

ハロー薬局に入社してからの印象は

店舗の雰囲気や社員の方々がとても明るく、働きやすいなという印象でした。
東田町店は、近隣に医療機関が数多くあるため幅広い診療科目の処方箋を応需し、取り扱う薬品数も多いので、とても勉強になります。
その他にもハロー薬局は県内に複数の店舗がありますので、配属先以外の店舗へ応援に行くことも大変勉強になっています。

薬剤師としての日々の取り組みについて教えて下さい

今勤務している東田町店はメディカルビルの中にある薬局で、消化器外科、心療内科、乳腺外科の門前薬局です。
その他にも隣接する医療施設から、耳鼻科・眼科・婦人科・皮膚科・泌尿器科・整形外科などのあらゆるジャンルの処方箋が流れてきますので、とても勉強になります。
また、定期的に病院での勉強会があり参加させていただいています。新薬の情報を得たり、医師の処方意図を知ることができるのは、大変勉強になりますしやりがいにもつながっています。
その他、E-ラーニングの実施や薬剤師会への入会もさせて頂いています。

これからの薬剤師に求められることとは?

知識の多さとそれを伝えるためのコミュニケーションスキル。
ただ知識を身に付けるだけでなく、それをいかに患者様に還元できるかが大切だと思います。さらに患者さんだけでなくドクターや病院スタッフとしっかりコミュニケーションをとることもより良い服薬支援を行う上で大切なことだと感じています。そのためには基本ですが、知識を確かな物にすることが最も重要だと思います。日頃から分からないことや、疑問に思ったことはその日のうちに調べて解決する事を心がけたいと思います。

調剤薬局の楽しいところは、やりがいは?

患者さんとの距離が近いところ。調剤薬局の薬剤師は患者さんの生活に寄り沿った服薬支援ができるところが他の職場とは異なると思います。
さりげない会話の中から患者さんの生活習慣を推察し改善出来る点を一緒に見直し、どうしたら薬の効果を最大限に引きだして安全に服薬していただけるかを考えることはとても大切なことだと考えています。
処方箋が無くても来局して頂き、薬について相談を受けた時はうれしいですし、ありがとうと言われた時は薬剤師になって良かったなと思います。調剤薬局は患者さんからありがとうを言っていただける機会の多い職業だと思います。その期待に応えられたと感じた時はとてもやりがいを感じます。

就職・転職を考えている薬剤師の方へアドバイスを

転職を繰り返し、キャリアアップ、収入アップを目指すのも一つと思いますが、ある程度一カ所で長く勤める事も大事なことだと思います。そのためには就職先に求める条件を明確にすることが必要だと思います。譲れない条件をしっかり決めて就職活動をすれば良い就職先に出会えるのではないかと思います。
転職サイトや同業者から情報を得るのも良いでしょう。あとは実際に足を運んでお店の雰囲気を感じてみるのも良いと思います。

ご自分の将来の展望について

ハロー薬局に入社して11年目になりました。その間、2度の出産を経験し、産休育休を取らせていただきましたが、今も変わらずハロー薬局で働くことができ、幸せに思っています。患者さんとの信頼関係もできて毎日やりがいを持って働くことができています。薬の情報だけならネットでも知識が得られる今の時代、薬局、薬剤師の存在意義が問われていると思います。この薬剤師さんがいるから、この薬剤師さんに相談出来るからこの薬局に行こうと思っていただけるような薬剤師になれたらと思っています。

採用エントリーはこちら

薬剤師インタビュー

01.患者さんだけを見つめるまなざしを

薬剤師 曾根 庸介

02.豊富な知識と経験を患者さんのために

薬剤師 加藤 茉梨恵

03.患者様一人一人に寄り添った薬剤師を目指して

薬剤師 鈴木 康成